天道神社とは

伊勢神宮の天照皇大神を主神とし、八幡大神と春日大神、三柱の神々を祀る。

 天道宮と呼ばれ、山城の国の長岡の地(現在の京都府長岡京市)に鎮座したが、延暦十三年(七九四年)桓武天皇の平安

遷都とともに、三条坊門東洞院(現在の東洞院御池上ル付近)に勧請された。

 平安京に勧請された当時は、皇族をはじめ京の人々が常々集まり、荘厳な宮であったが、度々の兵火により焼失した。

 天正二年(一五七四年)に織田信長により現在の地を拝領し再興したが、天明八年(一七八八年)の大火で再び焼失し、

その後は再建修復されて現在に至る。

 境内には市杵島比売命(弁財天)厳島社をはじめ、洛陽二五社天道天満宮、約束稲荷神社、八坂社等を祀る。また、

明治天皇の皇后昭憲皇太后の御胞衣(胎盤)塚があり、これは一条家に誕生された皇太后の栄華祈願のため、父君が

この地に御胞衣を埋納したところ、十九歳のときに皇后宣下を受けられたと伝えられている。

本社・拝所.jpg
本社:拝所

 

本社.jpg 水盤.jpg 末社(約束稲荷神社).jpg
本社 水盤 末社:約束稲荷神社

 

末社(天道天満宮).jpg 末社(厳島社).jpg 末社(八坂社).jpg
末社:天道天満宮 末社:厳島社 末社:八坂社